バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第145回 TPP参加と農業改革

2011年11月14日(月)

1. 製造業の繁栄に頼る農業
 今日本の農業は維持できるかというと、農業以外の産業、製造業等の繁栄に頼っている部分が多く、製造業の繁栄なくしては農業の維持は難しい。
 さらに、少子化により労働人口減少、消費人口減少へ向かっており、製造業も今までの反映は国内消費だけでは維持は難しい、農業以外の反映なくしては日本の農業は成り立っていない中、自由貿易推進を行はなければ日本の産業全体が衰退することになる。そこで、農業改革、TPP参加による自由貿易推進の流れは避けて通れない。
2.農業改革
世界と競う農業50年越しの難題【日本経済新聞2011年11月6日】
 政府は10月、農業の競争力強化に向けた基本方針を決めた。小規模な農地を集積し、農家1戸あたりの耕作面積を10倍に広げる。割安な海外農産物との競合を視野に、生産コストを引き下げる狙いだ。実はこの方針は1961年施行の農業基本法を膨らませたにすぎない。農業が抱える問題は半世紀にわたって放置されてきた。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加を巡る議論が本格化するなか、今度こそ正念場だ。
 農業再生に向けた方向性
農地の規模拡大
・今後5年間で農家の一戸・法人の耕作面積を現在の10倍に拡大
・離農奨励金制度を創設
農協・農業委員会の改革
・農家からの買い取り販売事業の拡大
・農業委員は組織のあり方について検討
農家の成長を支援
・生産・加工・流通・販売まで手がける農業生産法人に出資ファンドを創設
・原則45最未満の新規就農者に最長7年間、継続して奨励金を支給
戸別所得保障
・適切に推進、補助対象や「全国一律」の支給方法の見直しが課題
――以上 日本経済新聞 抜粋――
農業の戸別保障においては、農業の規模拡大と世界に通用する生産品質に繋がる制度に改革していく必要がある。
☆♪――――――♪
編集後記
 11日首相の環太平洋経済連携協定(TPP)について「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る」と述べ、参加国との事前協議から始まる交渉プロセスに参加する方針を表明した。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
メディカルチェック<医学的検査> 全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★☆☆
意味
 運動に備えて事前に行う医学的な検査
使用例
 メディカルチェック【医学的検査】によって身体の異常や病気の有無を確認しておく必要がある。
その他の言い換え
<健康診断・身体検査>

要望問い合わせ他

作成2011.11.13
更新2011.11.14
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved