バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第72回急がれる財政健全化

2010年5月31日(月)
(1)近くに迫る財政危機
日本の国債は国内の銀行、生命保険会社、投資家、年金基金等で95%消化されているので安全と言う人も多いが、その中身を考えると必ずしも安全とはいえない。今貯への贈与は減少する。個人の銀行預金は約750億円と言われ減少傾向にある。今、労働者の収入減少が著しいく個人の預金は減少傾向である。この事から国債の消化は限界に近づきつつある。更に少子化が進んでいる。これは将来のGDP減少を意味し、国債の消化能力減少を意味する。
(2)急がれる財政健全化
財政健全化の解決策として、少子化改善政策、労働人口増加政策、インフレ目標政策、景気改善政策、エネルギー自給率向上政策、消費税増税及び経済活性化する税制実施など総合的に対応していく必要がある。国債の信用不安が起きると待ったなしで対応しなければならなくなる。消費税増税、少子化改善等の対応は遅すぎるくらいだ。早期総合的対応が望まれる。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
コミュニケ<共同声明> 全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★★☆☆
意味
国際会議での合意内容を表した公式文書 
使用例
ニューデリーで開いていた日米欧七カ国や新興市場国など20カ国・地域の財務相・中央銀行総裁会議は23日,コミュニケ〔共同声明〕を採択し閉幕した。
その他の意味
 <公式声明>

要望問い合わせ他

作成2010.05.30
更新2010.05.31
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved