バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第62回税収増の切り札消費税

2010年3月22日(月)
<掲載ホームページ> https://www.tabi-g.com/sub0.html 
2010年度予算の歳出見込みは92兆円で税収37兆円、国債発行44兆円、不況とは言え税収よりも国債発行額の方が多いのは財政の危機的状況だ。諸外国が法人税を下げている中で日本だけ法人税が高いと企業の日本離れを誘発しやすい。そこで消費税増税がクローズアップされるが各国の消費税を見てみよう。
各国(抜粋)の消費税率
国名(抜粋)標準税率 食料品
スウェーデン 25% 12%
デンマーク 25% 25%
ハンガリー 25% 15%
アイスランド 24.50% 14%
ノルウェー 24% 12%
フィンランド 22% 17%
ポーランド 22% 7%
ベルギー 21% 6%
イタリア 20% 10%
オーストリア 20% 10%
フランス 19.60% 5.50%
ドイツ 19% 7%
オランダ 19% 6%
トルコ 18% 8%
中国 17% 17%
スペイン 16% 7%
イギリス 15% 0%
ルクセンブルク 15% 3%
韓国 10% 10%
オーストラリア 10% 0%
スイス     7.60% 2.40%
シンガポール 7% 7%
タイ 7% 7%
日本 5% 5%
(2009年1月現在)
諸外国の消費税は20%以上の国も多い、日本の消費税は5%で増税の余地はある。
日本の消費税収は約10兆円1%につき2.5兆円の収入となっている。消費税率1%あげると単純に2.5兆円の増収になるかは食料品などの消費税率の扱いによって変わってくるが単純に10%上がれば25兆円の増収である。今経済状態が不況から脱却したとしても国家予算の国債依存体質は変わらないので使用目的など議論の上、消費税増税は避けられないだろう。
☆♪――――――♪
編集後記
春の選抜高校野球が始まり、熱い戦いが行われる。新聞に選手名簿が入っていた、
その中で選手のアンケートが記載されており将来の夢と言う項目がある。内容はプロ野球選手なのは当たり前として、公務員(教師、消防士)が多く医者、パイロット、看護師があるが、一般企業サリーマン的職業は皆無である。
一昔前までは銀行員、商社マン、家電会社員等もあったが、今は無くなっている将来の夢としては収入が減少傾向にあるサラリーマンは敬遠されがちなのだろうか。
公務員や医者なども立派な職業ではあるが、それ自体GDPを押し上げる産業ではなく付加価値的な職業である。派遣労働者が多い製造業も労働意欲が湧く魅力的な職業になるよう改善する必要がある。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
オブザーバー<1.陪席者2.監視員> 全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆
意味
 1.会議などで,議決権はないが,ある目的のために参加を許された人
2.国際間の取決めなどにおいて,ルールが正しく守られているかを監視する人
使用例
1.日本も米国,カナダとともにオブザーバー〔陪席者〕として起草に向けた協議に参加してきた。
2.新たに両国の漁船に相手国側のオブザーバー〔監視員〕が一部乗船することなどが決まった。
その他の意味
 <1.意見参考人 傍聴人 観察者 2.監督者 審判員 視察者 観察者>
<PR>
下記仕事と旅サイトでは携帯でアクセスできるビジネスマンの為の各サイトをリンクしています。
携帯用https://www.tabi-g.com/


要望問い合わせ他

作成2010.03.22
更新2010.03.22
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved